雅な女の子の遊び 京こま

お正月だけなんてもったいない。
美しい独楽が、宮中の女性の遊ぶ姿を思い浮かばせる、京こまです。

京こま 大

男の子が外で元気に遊ぶコマ回しと違って、女の子がお部屋の中で指でくるっと回して遊ぶこま。
実は、木綿の布でできているんです。
木をろくろや刃物で削って作る独楽とは違い、木や竹の芯に木綿のひもを手作業でくるくると巻いて、巻き始めと終わりのみ糊付けをして、らせん状に形を伸び縮みさせて角度や形を整えて、全体をコーティングして固めるのだそうです。
綺麗なだけでなく、独楽としてのバランスも考えなくてはならない、熟練の作業ですね。

価格 3,240円 (税込) 送料別
素材 本体:綿
芯:木材
実寸サイズ:直径11×高さ11cm

 
昭和初期には十件くらいあった京こまを作るお店も、今は雀休(じゃっきゅう)さんだけだとか。
残していきたい、日本の文化ですね。