目で涼む 京うちわ

絵柄の部分にのみ紙を貼り、素通しの部分が涼しげな、目から涼を感じる日本の文化、京都伝統工芸品の京うちわです。

特型 両透うちわ 秋華

京うちわは、うちわ面とつかみ手が別に作られ、柄が中骨に後から取り付けられる「挿柄」という構造になっています。
京都丹波の真竹で作られた、繊細な骨の数は100本を超えます。

価格:21,600円 (税込) 送料込
※竹台付
素材 うちわ紙:和紙、うちわ骨:竹、竹台:竹
実寸サイズ 幅36.5×長さ41(cm)、箱 38.7×36.2×3.3(cm)、竹台 6×22.5×0.5(cm)
事業者名 株式会社 阿以波