1~5万円で飾る

江戸時代の高貴な人々はこんな虫かごに鈴虫などを入れて、うちわを片手にその鳴き声を楽しんでいたのでしょうか。 竹 … 続きを読む 昔の高貴な人たちが楽しんだ虫かご?

絵柄の部分にのみ紙を貼り、素通しの部分が涼しげな、目から涼を感じる日本の文化、京都伝統工芸品の京うちわです。 … 続きを読む 目で涼む 京うちわ

と、お地蔵さまの声が聞こえてきそうではないですか? 赤鬼の困った顔と、お地蔵さまの澄ましたお顔が笑顔を作ってく … 続きを読む ふん!どうじゃ。悪さをするでない

リビングに飾っておいて、お客様が来られた時に水につけて扇いで差し上げたらいかがでしょうか。 風情があり、実用的 … 続きを読む 日本人昔からの知恵 涼を呼ぶ水うちわ

この鮮やかな色合い。 願いをかなえてくれる打ち出の小づちの力が、ビンビンと伝わってくるような作品です。 九谷焼 … 続きを読む 九谷焼の「盛り」を楽しむ 打ち出の小づち

一歩片足を踏み出し、今にも鼓を打ちそうな立ち姿が優雅できれいです。 真多呂の木目込人形「鼓」またろのきめこみに … 続きを読む いよーっ!、ポン 鼓で遊ぶ木目込人形

綺麗な寄木細工の箱は、そこに置いておくだけでもとてもきれいですね。 そして、昔からの日本人の遊び心が「秘密箱」 … 続きを読む 寄木細工の秘密箱

昔ながらの行燈(あんどん)の形と、からかみの和紙をとおした灯りが、お部屋を柔らかく照らし出します。 江戸からか … 続きを読む 和紙の美しさと灯りのコラボ

電気のなかった江戸時代の頃、行燈(あんどん)というのは、魚などの油を小皿に入れ、そこに和紙をこよりにしたものを … 続きを読む 行燈(あんどん)の灯りゆらゆら

つくばい(蹲踞、蹲)とは、茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢(ちょうずばち)に役石をおいて … 続きを読む つくばい の水音で心穏やかに